2月25日(日)の礼拝案内

Posted 2月 18th, 2018 by JCスタッフ

次聖日は合同礼拝で、集合場所は教育館講堂ゆりです。
聖書のお話は、「生き返ったヤイロの娘」(マルコ5:21~43)で時間は9時からです

 

2月18日(日)~2月24日(土)の聖句

Posted 2月 18th, 2018 by JCスタッフ

2月18日(日)     「見よ、わたしの選んだ僕。わたしの心に適った愛する者。この僕にわたしの霊を授ける。彼は異邦人に正義を知らせる。  (マタイ12:18)

2月19日(月)    この日に神はすべての創造の仕事を離れ、安息なさったので、第七の日を神は祝福し、聖別された。  (創世2:3)

2月20日(火)     そこで、イエスは言われた。「あなたたちに尋ねたい。安息日に律法で許されているのは、善を行うことか、悪を行うことか。命を救うことか、滅ぼすことか。」  (ルカ6:9)

2月21日(水)   そして更に言われた。「安息日は、人のために定められた。人が安息日のためにあるのではない。だから、人の子は安息日の主でもある。」    (マルコ2:27~28)

2月22日(木)   感謝の歌をうたって主の門に進み/賛美の歌をうたって主の庭に入れ。感謝をささげ、御名をたたえよ。   (詩篇100:4)

2月23日(金)    しかし、まことの礼拝をする者たちが、霊と真理をもって父を礼拝する時が来る。今がその時である。なぜなら、父はこのように礼拝する者を求めておられるからだ。神は霊である。だから、神を礼拝する者は、霊と真理をもって礼拝しなければならない。」    (ヨハネ4:23~24)

2月24日(土)   詩編と賛歌と霊的な歌によって語り合い、主に向かって心からほめ歌いなさい。   (エペソ5:19)

2月18日(日)の礼拝案内

Posted 2月 11th, 2018 by JCスタッフ

子供達の健康をお祈りします。

次聖日は、
オリーブ、小麦:合同礼拝:教育館講堂ゆり、
大麦:教育館たんぽぽ、
ぶどう:教育館和室です。
聖書の内容は「安息日の主」(マタイ12:1~14)で時間は9時からです。

2月11日(日)~2月17日(土)の聖句

Posted 2月 11th, 2018 by JCスタッフ

2月11日(日)     イエスは、「わたしについて来なさい。人間をとる漁師にしよう」と言われた。  (マルコ1:17)

2月12日(月)    シモンは、「先生、わたしたちは、夜通し苦労しましたが、何もとれませんでした。しかし、お言葉ですから、網を降ろしてみましょう」と答えた。そして、漁師たちがそのとおりにすると、おびただしい魚がかかり、網が破れそうになった。  (ルカ5:5~6)

2月13日(火)     これを見たシモン・ペトロは、イエスの足もとにひれ伏して、「主よ、わたしから離れてください。わたしは罪深い者なのです」と言った。  (ルカ5:8)

2月14日(水)   シモンの仲間、ゼベダイの子のヤコブもヨハネも同様だった。すると、イエスはシモンに言われた。「恐れることはない。今から後、あなたは人間をとる漁師になる。」   (ルカ5:10)

2月15日(木)   そこで、彼らは舟を陸に引き上げ、すべてを捨ててイエスに従った。   (ルカ5:11)

2月16日(金)    しかし、あなたがたは、選ばれた民、王の系統を引く祭司、聖なる国民、神のものとなった民です。それは、あなたがたを暗闇の中から驚くべき光の中へと招き入れてくださった方の力ある業を、あなたがたが広く伝えるためなのです。   (1ペテロ2:9)

2月17日(土)   それは、もはや人間の欲望にではなく神の御心に従って、肉における残りの生涯を生きるようになるためです。  (1ペテロ4:2)

ナザレの風 No,260 2018年2月

Posted 2月 10th, 2018 by JCスタッフ

ナザレの風 No,260 2018年2月

2月11日(日)の礼拝案内

Posted 2月 4th, 2018 by JCスタッフ

寒い日が続いています。風邪等をひかない様に、子供達の健康をお祈りします。

次聖日は 、
オリーブ:教育館講堂ゆり、
小麦:教育館ちゅーりっぷ、
大麦:教育館たんぽぽ、
ぶどう:教育館和室です。
聖書の内容は「弟子たちの召命」(ルカ5:1~11)で時間は9時からです。

2月4日(日)~2月10(土)の聖句

Posted 2月 4th, 2018 by JCスタッフ

2月4日(日)     イエスは、この最初のしるしをガリラヤのカナで行って、その栄光を現された。それで、弟子たちはイエスを信じた。  (ヨハネ2:11)

2月5日(月)    イエスが、「水がめに水をいっぱい入れなさい」と言われると、召し使いたちは、かめの縁まで水を満たした。イエスは、「さあ、それをくんで宴会の世話役のところへ持って行きなさい」と言われた。召し使いたちは運んで行った。  (ヨハネ2:7~8)

2月6日(火)     世話役はぶどう酒に変わった水の味見をした。このぶどう酒がどこから来たのか、水をくんだ召し使いたちは知っていたが、世話役は知らなかったので、花婿を呼んで、言った。「だれでも初めに良いぶどう酒を出し、酔いがまわったころに劣ったものを出すものですが、あなたは良いぶどう酒を今まで取って置かれました。」  (ヨハネ2:9~10)

2月7日(水)   イエスは、この最初のしるしをガリラヤのカナで行って、その栄光を現された。それで、弟子たちはイエスを信じた。   (ヨハネ2:11)

2月8日(木)   言は肉となって、わたしたちの間に宿られた。わたしたちはその栄光を見た。それは父の独り子としての栄光であって、恵みと真理とに満ちていた。   (ヨハネ1:14)

2月9日(金)    しかし、わたしにはヨハネの証しにまさる証しがある。父がわたしに成し遂げるようにお与えになった業、つまり、わたしが行っている業そのものが、父がわたしをお遣わしになったことを証ししている。   (ヨハネ5:36)

2月10日(土)   このほかにも、イエスは弟子たちの前で、多くのしるしをなさったが、それはこの書物に書かれていない。これらのことが書かれたのは、あなたがたが、イエスは神の子メシアであると信じるためであり、また、信じてイエスの名により命を受けるためである。  (ヨハネ20:30~31)

2月4日(日)の礼拝案内

Posted 1月 28th, 2018 by JCスタッフ

子供達の健康をお祈りします。

次聖日は、
オリーブ、小麦:合同礼拝:教育館講堂ゆり、
大麦:教育館たんぽぽ、
ぶどう:教育館和室です。
聖書の内容は「カナの婚礼」(ヨハネ1:1~11)で時間は9時からです。

1月28日(日)~2月3日(土)の聖句

Posted 1月 28th, 2018 by JCスタッフ

1月28日(日)     その翌日、イエスは、ガリラヤへ行こうとしたときに、フィリポに出会って、「わたしに従いなさい」と言われた。  (ヨハネ1:43)

1月29日(月)    ヨハネの言葉を聞いて、イエスに従った二人のうちの一人は、シモン・ペトロの兄弟アンデレであった。彼は、まず自分の兄弟シモンに会って、「わたしたちはメシア――『油を注がれた者』という意味――に出会った」と言った。  (ヨハネ1:40~41)

1月30日(火)     そして、シモンをイエスのところに連れて行った。イエスは彼を見つめて、「あなたはヨハネの子シモンであるが、ケファ――『岩』という意味――と呼ぶことにする」と言われた。  (ヨハネ1:42)

1月31日(水)  フィリポはナタナエルに出会って言った。「わたしたちは、モーセが律法に記し、預言者たちも書いている方に出会った。それはナザレの人で、ヨセフの子イエスだ。」    (ヨハネ1:45)

2月1日(木)   するとナタナエルが、「ナザレから何か良いものが出るだろうか」と言ったので、フィリポは、「来て、見なさい」と言った。   (ヨハネ1:46)

2月2日(金)    ナタナエルは答えた。「ラビ、あなたは神の子です。あなたはイスラエルの王です。」   (ヨハネ1:49)

2月3日(土)   あなたがたがわたしを選んだのではない。わたしがあなたがたを選んだ。あなたがたが出かけて行って実を結び、その実が残るようにと、また、わたしの名によって父に願うものは何でも与えられるようにと、わたしがあなたがたを任命したのである。   (ヨハネ15:16)

1月28日(日)の礼拝案内

Posted 1月 21st, 2018 by JCスタッフ

子供達の健康が守られます様にお祈りします。

次聖日は合同礼拝で、集合場所は教育館講堂ゆりです。
聖書のお話は、「最初の弟子たち」(ヨハネ1:35~51)で時間は9時からです