「そう言って、手とわき腹とをお見せになった。弟子たちは、主を見て喜んだ。」    ヨハネによる福音書20:20

 イエス・キリストの復活は神の栄光、勝利の極みです。
 主が復活された週の初めの日の夕方、弟子たちは未だ信じ切れず、戸口に鍵を掛けてまでイエスさまを十字架に追いやった人々を恐れ、潜んでいました。そこに復活の主が顕れてくださったのです。まるで何事もなかったかのように「シャローム」と声を掛けられました。イエスさまを見捨てて逃げ出した弟子たちです。でもそれを咎めることもなく、弟子たちに改めて派遣のことばをお伝えくださったのです。人の決断やがんばりで破綻した弟子たちに、神の力である聖霊を受け、立つように、と。そして主イエス・キリストが十字架の死をもって成し遂げられた罪の赦しを宣言する者として、彼らの新しい務めを確認されました。
 イエスさまがわたしたちをお招きくださり、弟子としてくださった究極の目的がここにあります。罪と死に勝利されたキリストの福音を世に宣べ伝えるためです。そのみ手に釘跡があり、その脇腹に槍の傷口を残された復活のキリストこそ「わが主、我が神」だからです。