「人の知識をはるかに超えるこの愛を知るようになり、そしてついには、神の満ちあふれる豊かさのすべてにあずかり、それによって満たされるように。」     エフェソの信徒への手紙3:19

   この手紙の差出人パウロの切なる祈りです。「キリストの愛の広さ、長さ、高さ、深さ」を知り、この神の愛キリストが、あなたがたの内に根付くように、お住まいくださるように、と祈っているのです。キリストの福音伝道の目的はこれ以外ではありません。わたしたちの存在がイエスさまに取って代わられるほどにキリストに支配されることです。その目的が果たされるためには内に外に様々な抵抗があります。それはキリスト以外に「神」を主張するものが多いからです。しかし、その多くはキリスト以外のものを支配者として据えようとする誘惑に過ぎません。その根元はほかならない「自我」です。自分とキリストとの相剋の中にいつもわたしたちはいます。自我が明けわたされるためには「人の知識をはるかに超える」神の愛を知ることです。支配権を争奪しあうのではありません。神と競い合う己が、神に愛され、赦され、覆われ、導かれている事実を知ることです。