マタイ福音書20:1-16 普段、自分をそれほどケチとは感じないが、神様の愛の深さ広さと比べると、了見の狭さを思い知らされる。ぶどう園で働く労働者が「1日に1デナリオン」の約束で集められた。最初の人たちは、「夜明け」とあるから午前5時ごろと想像する。次は、「9時」とあるから、私からすれば、もし自分が夜明け組だったら、「朝飯前から働いているのに」と、すでに相当の差を感じてしまう。次は「昼の12時」、さらに「午後3時」とあるから、「昼飯時に来るか?」「もうおやつの時間じゃないか!」となるだろう。駄目押しに「夕方に来て、たった1時間だけ働いた」とあるが、もはや理解不能である。そして、夕方の人から賃金が手渡された。約束の1デナリオンを!さすがに自分はもっと多いだろう、少なくとも4~5倍にはなるだろう、と思っていると、なんと夕方と同じ1デナリオン!誰だって腹が立ち、不平不満の爆発だろう。しかし、主は「友よ、あなたに不当なことはしていない。あなたはわたしと1デナリオンの約束をしたではないか。…わたしは最後の者にも、あなたと同じように支払ってやりたいのだ。…わたしの気前の良さをねたむのか。」と言われた。

この譬え、自分が「夜明組」と感じるなら腹が立つだろうし、「夕方組」と感じるなら涙を流して有り難いと感じるだろう。なぜなら、夕方組は働きたくても、「誰も雇ってくれなかった」からである。

自分は救いに、神の国にどれだけ近いといえるのか。振り返れば誰の心にも罪、弱さがある。皆、夕方だ。しかし、神様は全ての人を天の国に招き入れたい、そのためなら、1日分の賃金どころではない、自分の命さえ払ってもかまわないと言われる。そのような愛による赦し、祝福を心から信じ、受けとった人は、自分と人を、奉仕を比べたりはしない。

今日、神様の愛による天の国に新たなる兄弟姉妹が招き入れられる。なんという喜び!なんという幸せ!共に主の祝福を喜び讃美しましょう!