マタイ福音書25:1-13  10人のおとめが、婚宴に招かれ、花婿を出迎えるため、灯火を照らしながら待っていた。その内の5人は予備の油を備えていたが、もう5人は持っていなかった。花婿の到着が遅れ、皆待ちくたびれて、眠り込んでしまった。すると、花婿の間もない到着が告げられ、10人のおとめは、灯火を整えようとしたが、もう消え入りそうであった。予備の油を備えていた5人は事なきを得たが、もう5人は油を買い足しにいかねばならず、その間に、花婿は到着、その5人は婚宴=天の国に入ることができなかった。まさに「油断大敵」。

5人は、「どうか、油を分けて下さい」と願ったが、「分けてあげるほどはない」と断られている。ここで、「油を分けてあげないのは、隣人愛に反する。冷たいではないか。」と感じるだろう。しかし、この油とはバプテスマによる救いのことであり、分けてあげることはできないのである。

灯火は命の光。皆、やがてその光の消える日が来る。しかし、バプテスマを戴いている者は、命の光が消えゆく時、信仰の油によって永遠の命の光となって輝き、天の国に招き入れられるのである。この神の招きを信じるか。これは一人一人の心の決断であり、信仰は分けたり、譲ったりすることができないのである。また、この譬えは、この世の終末、携挙(ラピュタ)の預言、主の来臨の時を想起させる。まさに、人知ではかり知ることのできない、神の領域があり、人はどうすることもできない。しかし、神の愛(アガペ)をただ信じるだけで、死も終末もすべてに勝利し、天の国に招き入れられるのである。

イエス様はこの譬えをお話になりながら、「でもやっぱり、油を分けてもらえなかったのはかわいそうだ。」と感じて欲しいと願っておられる。「そうだ、わたしは皆が油を持てるように命をささげた。あなたも、この福音を宣べ伝えてはくれないか。」

共に永遠の命の恵みを伝えて参りましょう。