マタイ25:14~30「タラントンの譬え」をとおして、天の国に学ぶ。

主人が三人の僕に、自分の財産を預けて旅に出た。一人目には5タラントン(3億円)、二人目に2タラントン(1億2千万円)、三人目に1タラントン(6千万円)。この差は何故かというと、「それぞれの力に応じて」とある通り、三人の力量の差の故であった。

タラントンとは、「才能」のこと。一人ひとりに才能の違いがあると示される。せんないことだが、主人=イエス様はその違いをよく御存知であり、無理な責務を負わせないとも取れる。

5タラントンの者は、もう5タラントンを儲け、2タラントンの者も、もう2タラントンを儲けた。主人の期待に応え、それぞれの才能を活かし用いたのであった。しかし、1タラントンを預けられた者は、主人の心を知らず、おそらく、「どうせ俺なんか、1タラントンの人間だよ」と、やる気を失ったのであろう、せっかくのタラントン・才能を土に埋めて無為に時を過ごしたのであった。

主人が旅から帰ってきて、清算を始めた。主人は5タラントンの者にも、2タラントンの者にも、「お前は少しものに忠実だった」と労われた。イエス様からすれば5も2もなく、私たち一人一人に相応しい才能、賜物を与えてくださっていることが分かる。

主人を信頼し、自分に与えられた賜物を見い出し、活かす者は天の国に迎え入れられた。しかし、せっかく預けられた賜物に対して感謝もなく、自分にとって価値無しとし、主人を「蒔かない所から刈り取り、散らさない所からかき集められる厳しい方」と曲解した僕は、暗闇=陰府に追い出された。

才能の違いは確かにある。しかし、それに感謝して、活かさなければ一切は無である。主は、私たちに命、才能を与えておられる。さらに、御自身の命と引き換えに、「永遠の命」の賜物まで与えようとされておられる。この愛に応えて、各々の賜物を活かし、福音伝道に仕えるのが清水ヶ丘教会である。