ルカによる福音書7:1-10

イエス・キリストの福音の大切な柱の一つに病の癒やしがある。イエス様はガリラヤ湖北西部の町カファルナウムに入られた。するとイエス様の噂を耳にしていたローマ軍の百人隊長が部下の癒しを願って、“ユダヤの長老たち”を使いにやって、「部下を助けてくださるように」と頼んだ。カファルナウムにもローマ軍の駐屯地があり、当時、支配者側であったローマの軍隊長の命令を長老たちは断ることはできなかったわけであるが、ルカ6:11「彼ら(律法学者、ファリサイ派の人々=長老)は怒り狂って、イエスを何とかしようと話し合った」とあるから、どれほど、“煮え湯”を飲まされた心境であったか。しかし、その百人隊長が「ユダヤ人を愛して、自ら会堂を建ててくれた」人物でもあったので、彼らは「熱心に願った」とある。是々非々ではなく、ご都合主義である。彼らが怒り狂ったのは、イエス様の救いはすべての人のためにあるので、①選民か否かに左右されない。②律法に左右されない。その中でも最上級の十戒、安息日すら凌駕する(同6:5)、と説かれていたからだ。しかしながら、軍隊長が会堂を建ててくれたので、今、怒りの矛先を収めてイエス様に癒しを熱心に願っているのである。

癒しの奇跡、救いは、自分に利があるから為すのではない。イエス様は、ご自分の命を狙う長老たちの願いであったが、その部下のところに向かわれた。ところで、イエス様が近づいて来られると、その軍隊長は、今度は自分の友人を使いにやって「御足労に及びません。わたしはあなたを自分の屋根の下にお迎えできるような者ではありません。(癒すと)一言おっしゃってください」と最上の敬意を表したのであった。イエス様は「言っておくが、イスラエルの中でさえ、わたしはこれほどの信仰を見たことがない」と絶賛された。この時点で、信仰において弟子たちを含めイスラエル人よりもこの隊長が最も信仰深い人であったのだ。信仰とは、主による救いを信じること、頼り切ること、その神性を誉め讃えることである。

立派な百人隊長であるが、そもそもイエス様は「万軍の主」である。そのイエス様が百人の軍隊長の願いを聞かれ、その前に敵の利己的な願いにさえ従われた。福音とはどこまで遜り、僕となり、仕える者となることができるかに懸かっていることを示される。主は「すべての人の僕」になって、「自分の命を献げるために来た」(マルコ10:44-45)。万軍の主にハレルヤ!中島聡主任牧師