マタイによる福音書26:36-46

弟子たちを裁きから過ぎ越させるために、主は最後の晩餐を「過越の食事」として執り行ってくださった。

そして、ゲッセマネの園での祈りの場面となるが、三度眠り込んでしまった弟子たちに対して、甘すぎやしないかと思えてしまう。

しかし、そもそも最後の晩餐において、ユダが裏切ること、さらにペトロが離反することを告げているにも関わらず、誰も裁かれていない。どちらも信仰上、とんでもない重罪である。しかし、裁かれていない。そう、弟子たちは過ぎ越されているのである。

だから、この後、「一同は賛美の歌を歌ってから、オリーブ山へ出かけた」とあるように、全員、主を裏切ることになる身であるのに、主と共に賛美し、主と共に祈ることに招かれているのである。

この世的に言えば、どん底の様な状態であった最後の晩餐の最中にも「賛美の祈り」、「感謝の祈り」が捧げられている。賛美とは、祈りとは、たとえ私たちが罪人であったとしても、主に愛され、主によって救われることへの応答=信仰告白であって、いついかなる時にも全身全霊をもってなされるべきことと示される。

主は、ゲッセマネにおいて、「できることなら、この杯をわたしから過ぎ去らせてください。」と祈られた。これから十字架に磔られて殺される我が身、すべての罪を過ぎ越させ、すべての罪を贖うために犠牲の供え物にならねばならないことを祈られた。「しかし、わたしの願いどおりではなく、御心のままに。」と十字架の死を覚悟して祈られた。

しかし、弟子たちは眠っていた。二度目も、三度目も眠っていた。イエス様の祈りに応える弟子は一人もいなかったのである。イエス様は、共に祈ることすらできないほどに疲れていた弟子たち(もしかしたら、一緒に祈ったら一緒に殺されることになることを恐れて、眠ったふりをするほどに気弱になっていた弟子たち)に対して、叱責も強要もせず、「時が近づいた」と言われ、神の救済の御計画を完遂するために歩み出されたのである。

ここで、イエス様が福音宣教の始まりにあたって、言われた言葉を思い起こしたい。イエス様は「時は満ち、神の国は近づいた。」と言われて宣教を開始された。実にイエス様は、この十字架を目指してお生まれになった、この時のためにお生まれになったのである。

私たちは、楽しい時を願う。幸せな時を願う。平和な時を願う。しかし、イエス様、神の御子は、私たちの命を救い出すために、十字架の時に向かって生きられた。

「御言葉を宣べ伝えなさい。折が良くても悪くても励みなさい。」(Ⅱテモテ4:2) 今、福音宣教に立ち向かうには苦難の時と言える。しかし、そもそも福音は主の御受難と十字架の死を抜きには何一つ語れないことを覚え、私たちにできることを祈り求めて参りたい。

3月の聖句。「主なる神は、弟子としての舌をわたしに与え、疲れた人を励ますように言葉を呼び覚ましてくださる。」(イザヤ50:4)主に福音を伝える信仰を呼び覚ましていただこう。ハレルヤ! 中島 聡主任牧師