4月12日(日)の礼拝案内

Posted 4月 5th, 2020 by JCスタッフ

次聖日は 、
オリーブ:教育館講堂ゆり、
小麦、大麦:教育館たんぽぽ、
聖書の内容は「マグダラのマリアへの顕現」(ヨハネ20:1~18)で時間は9時からです。

ナザレの風 No,286 2020年4月

Posted 4月 5th, 2020 by JCスタッフ

ナザレの風 No,286 2020年4月

4月5日(日)~4月11日(土)の聖句

Posted 4月 5th, 2020 by JCスタッフ

4月5日(日)    「キリスト・イエスは罪人を救うために世に来られた」という言葉は真実であり、すべて受け入れるに値します。私は、その罪人の頭です。     (1テモテ1:15)

4月6日(月)   ピラトは罪状書きも書いて、十字架の上に掛けた。それには、「ナザレのイエス、ユダヤ人の王」と書いてあった。      (ヨハネ19:19)

4月7日(火)    イエスは、母とそのそばにいる愛する弟子とを見て、母に、「女よ、見なさい。あなたの子です」と言われた。それから弟子に言われた。「見なさい。あなたの母です。」その時から、この弟子はイエスの母を自分の家に引き取った。    (ヨハネ19:26~27)

4月8日(水)   イエスは、この酢を受けると、「成し遂げられた」と言い、頭を垂れて息を引き取られた。    (ヨハネ19:30)

4月9日(木)    彼は私たちの背きのために刺し貫かれ/私たちの過ちのために打ち砕かれた。/彼が受けた懲らしめによって/私たちに平安が与えられ/彼が受けた打ち傷によって私たちは癒やされた。     (イザヤ53:5)

4月10日(金)   そして自ら、私たちの罪を十字架の上で、その身に負ってくださいました。私たちが罪に死に、義に生きるためです。この方の打ち傷によって、あなたがたは癒やされたのです。     (1ペテロ2:24)

4月11日(土)    神は、罪を知らない方を、私たちのために罪となさいました。私たちが、その方にあって神の義となるためです。     (2コリント5:21)

4月5日(日)の礼拝案内

Posted 3月 29th, 2020 by JCスタッフ

次聖日は 、
オリーブ、小麦 : 教育館講堂、
大麦:教育館たんぽぽ、
聖書の内容は「十字架」(ヨハネ19:17~30、38~42)で時間は9時からです。

3月29日(日)~4月4日(土)聖句

Posted 3月 29th, 2020 by JCスタッフ

3月29日(日)    私はぶどうの木、あなたがたはその枝である。人が私につながっており、私もその人につながっていれば、その人は豊かに実を結ぶ。私を離れては、あなたがたは何もできないからである。     (ヨハネ15:5)

3月30日(月)   あなたがたが私を選んだのではない。私があなたがたを選んだ。あなたがたが行って実を結び、その実が残るようにと、また、私の名によって願うなら、父が何でも与えてくださるようにと、私があなたがたを任命したのである。      (ヨハネ15:16)

3月31日(火)    あなたがたが私につながっており、私の言葉があなたがたの内にとどまっているならば、望むものを何でも願いなさい。そうすればかなえられる。    (ヨハネ15:7)

4月1日(水)   父が私を愛されたように、私もあなたがたを愛した。私の愛にとどまりなさい。    (ヨハネ15:9)

4月2日(木)    私が父の戒めを守り、その愛にとどまっているように、あなたがたも、私の戒めを守るなら、私の愛にとどまっていることになる。     (ヨハネ15:10)

4月3日(金)   これに対し、霊の結ぶ実は、愛、喜び、平和、寛容、親切、善意、誠実、柔和、節制であり、これらを否定する律法はありません。     (ガラテヤ5:22~23)

4月4日(土)    主にふさわしく歩んで、あらゆる点で主に喜ばれ、あらゆる善い行いによって実を結び、神をますます深く知るように。     (コロサイ1:10)

3月29日(日)の礼拝案内

Posted 3月 22nd, 2020 by JCスタッフ

次聖日は合同礼拝で、集合場所は教育館講堂ゆりです。
聖書のお話は、「イエスにとどまる」(ヨハネ15:1~17)で時間は9時からです。

3月22日(日)~3月28日(土)の聖句

Posted 3月 22nd, 2020 by JCスタッフ

3月22日(日)    それで、主であり、師である私があなたがたの足を洗ったのだから、あなたがたも互いに足を洗い合うべきである。     (ヨハネ13:14)

3月23日(月)   過越祭の前に、イエスは、この世から父のもとへ移るご自分の時が来たことを悟り、世にいるご自分の者たちを愛して、最後まで愛し抜かれた。      (ヨハネ13:1)

3月24日(火)    ペトロが、「私の足など、決して洗わないでください」と言うと、イエスは、「もし私があなたを洗わないなら、あなたは私と何の関わりもなくなる」とお答えになった。    (ヨハネ13:8)

3月25日(水)   それで、主であり、師である私があなたがたの足を洗ったのだから、あなたがたも互いに足を洗い合うべきである。    (ヨハネ13:14)

3月26日(木)    兄弟愛をもって互いに深く愛し、互いに相手を尊敬し、     (ローマ12:10)

3月27日(金)   人の機嫌をとろうと、うわべだけで仕えるのではなく、キリストの奴隷として、心から神の御心を行い、人にではなく主に仕えるように、喜んで仕えなさい。     (エペソ6:6~7)

3月28日(土)    あなたがたは、それぞれ賜物を授かっているのですから、神のさまざまな恵みの善い管理者として、その賜物を用いて互いに仕えなさい。     (1ペテロ4:10)

3月22日(日)の礼拝案内

Posted 3月 16th, 2020 by JCスタッフ

次聖日は 、
オリーブ:教育館講堂ゆり、
小麦:教育館ちゅーりっぷ、
大麦:教育館たんぽぽ、
聖書の内容は「互いに愛し合う」(ヨハネ13:1~20)で時間は9時からです。

3月15日(日)~3月21日(土)の聖句

Posted 3月 16th, 2020 by JCスタッフ

3月15日(日)    何が主に喜ばれるかを吟味しなさい。     (エペソ5:10)

3月16日(月)   そのとき、マリアが純粋で非常に高価なナルドの香油を一リトラ持って来て、イエスの足に塗り、自分の髪でその足をぬぐった。家は香油の香りでいっぱいになった。      (ヨハネ12:3)

3月17日(火)    イエスは言われた。「この人のするままにさせておきなさい。わたしの葬りの日のために、それを取って置いたのだから。    (ヨハネ12:7)

3月18日(水)   そして、『心を尽くし、知恵を尽くし、力を尽くして神を愛し、また隣人を自分のように愛する』ということは、どんな焼き尽くす献げ物やいけにえよりも優れています。」    (マルコ12:33)

3月19日(木)    いつも喜んでいなさい。絶えず祈りなさい。どんなことにも感謝しなさい。これこそ、キリスト・イエスにおいて、神があなたがたに望んでおられることです。     (1テサロニケ5:16~18)

3月20日(金)   キリストの言葉があなたがたの内に豊かに宿るようにしなさい。知恵を尽くして互いに教え、諭し合い、詩編と賛歌と霊的な歌により、感謝して心から神をほめたたえなさい。     (コロサイ3:16)

3月21日(土)    そして、何を話すにせよ、行うにせよ、すべてを主イエスの名によって行い、イエスによって、父である神に感謝しなさい。     (コロサイ3:17)

3月15日(日)の礼拝案内

Posted 3月 9th, 2020 by JCスタッフ

次聖日は 、
オリーブ、小麦 : 教育館講堂、
大麦:教育館たんぽぽ、
聖書の内容は「心からの愛をささげる」(ヨハネ12:1~11)で時間は9時からです。