4月8日(日)の礼拝案内

Posted 4月 21st, 2019 by JCスタッフ

次聖日は合同礼拝で、集合場所は教育館講堂ゆりです。
聖書のお話は、「復活の主とペテロ」(ヨハネ21:1~19)で時間は9時からです。

4月21日(日)~4月27日(土)の聖句

Posted 4月 21st, 2019 by JCスタッフ

4月21日(日)   イエスは、わたしたちの罪のために死に渡され、わたしたちが義とされるために復活させられたのです。  (ローマ4:25)

4月22日(月)  最も大切なこととしてわたしがあなたがたに伝えたのは、わたしも受けたものです。すなわち、キリストが、聖書に書いてあるとおりわたしたちの罪のために死んだこと、葬られたこと、また、聖書に書いてあるとおり三日目に復活したこと、ケファに現れ、その後十二人に現れたことです。   (1コリント15:3~5)

4月23日(火)   今や、わたしたちの救い主キリスト・イエスの出現によって明らかにされたものです。キリストは死を滅ぼし、福音を通して不滅の命を現してくださいました。   (2テモテ1:10)

4月24日(水)  イエスは言われた。「わたしは復活であり、命である。わたしを信じる者は、死んでも生きる。  (ヨハネ11:25)

4月25日(木)  わたしの父の御心は、子を見て信じる者が皆永遠の命を得ることであり、わたしがその人を終わりの日に復活させることだからである。」    (ヨハネ6:40)

4月26日(金)  わたしたちの主イエス・キリストの父である神が、ほめたたえられますように。神は豊かな憐れみにより、わたしたちを新たに生まれさせ、死者の中からのイエス・キリストの復活によって、生き生きとした希望を与え、    (1ペテロ1:3)

4月27日(土)   その一人の方はすべての人のために死んでくださった。その目的は、生きている人たちが、もはや自分自身のために生きるのではなく、自分たちのために死んで復活してくださった方のために生きることなのです。    (2コリント5:15)

4月21日(日)の礼拝案内

Posted 4月 14th, 2019 by JCスタッフ

次聖日は 、
オリーブ、小麦 : 教育館講堂、
大麦:教育館たんぽぽ
聖書の内容は「復活の朝」(マルコ16:1~8)で時間は9時からです。

4月14日(日)~4月20日(土)の聖句

Posted 4月 14th, 2019 by JCスタッフ

4月14日(日)   〔そのとき、イエスは言われた。「父よ、彼らをお赦しください。自分が何をしているのか知らないのです。」〕人々はくじを引いて、イエスの服を分け合った。  (ルカ23:34)

4月15日 (月)   罪と何のかかわりもない方を、神はわたしたちのために罪となさいました。わたしたちはその方によって神の義を得ることができたのです。   (2コリント5:21)

4月16日(火)   「キリスト・イエスは、罪人を救うために世に来られた」という言葉は真実であり、そのまま受け入れるに値します。わたしは、その罪人の中で最たる者です。   (1テモテ1:15)

4月17日(水)  そして、十字架にかかって、自らその身にわたしたちの罪を担ってくださいました。わたしたちが、罪に対して死んで、義によって生きるようになるためです。そのお受けになった傷によって、あなたがたはいやされました。    (1ペテロ2:24)

4月18日(木)  神は、独り子を世にお遣わしになりました。その方によって、わたしたちが生きるようになるためです。ここに、神の愛がわたしたちの内に示されました。  (1ヨハネ4:9)

4月19日(金)  神は、その独り子をお与えになったほどに、世を愛された。独り子を信じる者が一人も滅びないで、永遠の命を得るためである。   (ヨハネ3:16)

4月20日(土)   信仰の創始者また完成者であるイエスを見つめながら。このイエスは、御自身の前にある喜びを捨て、恥をもいとわないで十字架の死を耐え忍び、神の玉座の右にお座りになったのです。    (ヘブル12:2)

ナザレの風 No,274 2019年4月

Posted 4月 13th, 2019 by JCスタッフ

ナザレの風 No,274 2019年4月

4月14日(日)の礼拝案内

Posted 4月 10th, 2019 by JCスタッフ

次聖日は 、
オリーブ:教育館講堂ゆり
小麦:教育館ちゅーりっぷ
大麦:教育館たんぽぽ
聖書の内容は「十字架」(ルカ23章)で時間は9時からです。

4月7日(日)~4月13日(土)の聖句

Posted 4月 10th, 2019 by JCスタッフ

4月7日(日)   しかし、わたしはあなたのために、信仰が無くならないように祈った。だから、あなたは立ち直ったら、兄弟たちを力づけてやりなさい。」  (ルカ22:32)

4月8日 (月)   主は振り向いてペトロを見つめられた。ペトロは、「今日、鶏が鳴く前に、あなたは三度わたしを知らないと言うだろう」と言われた主の言葉を思い出した。そして外に出て、激しく泣いた。   (22:61~62)

4月9日(火)   わたしたちは皆、度々過ちを犯すからです。言葉で過ちを犯さないなら、それは自分の全身を制御できる完全な人です。    (ヤコブ3:2)

4月10日(水)  この大祭司は、わたしたちの弱さに同情できない方ではなく、罪を犯されなかったが、あらゆる点において、わたしたちと同様に試練に遭われたのです。    (ヘブル4:15)

4月11日(木)  わたしの子たちよ、これらのことを書くのは、あなたがたが罪を犯さないようになるためです。たとえ罪を犯しても、御父のもとに弁護者、正しい方、イエス・キリストがおられます。  (1ヨハネ2:1)

4月12日(金)  このことは、メルキゼデクと同じような別の祭司が立てられたことによって、ますます明らかです。   (ヘブル7:15)

4月13日(土)   しかし、わたしたちがまだ罪人であったとき、キリストがわたしたちのために死んでくださったことにより、神はわたしたちに対する愛を示されました。    (ローマ5:8)

4月7日(日)の礼拝案内

Posted 4月 1st, 2019 by JCスタッフ

次聖日は、
オリーブ、小麦合同礼拝:教育館講堂ゆり
大麦:教育館たんぽぽ

聖書のお話は、「イエスを否認したペテロ」(ルカ23:31~34、54~62)で時間は9時からです。

3月31日(日)~4月6日(土)の聖句

Posted 4月 1st, 2019 by JCスタッフ

3月31日(日)   イエスの姿が彼らの目の前で変わり、顔は太陽のように輝き、服は光のように白くなった。  (マタイ17:2)

3月15日 (月)   荘厳な栄光の中から、「これはわたしの愛する子。わたしの心に適う者」というような声があって、主イエスは父である神から誉れと栄光をお受けになりました。   (2ペテロ1:17)

3月16日(火)   言は肉となって、わたしたちの間に宿られた。わたしたちはその栄光を見た。それは父の独り子としての栄光であって、恵みと真理とに満ちていた。    (ヨハネ1:14)

3月17日(水)  キリストは、神の身分でありながら、神と等しい者であることに固執しようとは思わず、かえって自分を無にして、僕の身分になり、人間と同じ者になられました。人間の姿で現れ、へりくだって、死に至るまで、それも十字架の死に至るまで従順でした。    (ピリピ2:6~8)

3月18日(木)  御子は、神の栄光の反映であり、神の本質の完全な現れであって、万物を御自分の力ある言葉によって支えておられますが、人々の罪を清められた後、天の高い所におられる大いなる方の右の座にお着きになりました。  (ヘブル1:3)

3月19日(金)  他方は、自分の利益を求めて、獄中のわたしをいっそう苦しめようという不純な動機からキリストを告げ知らせているのです。だが、それがなんであろう。口実であれ、真実であれ、とにかく、キリストが告げ知らされているのですから、わたしはそれを喜んでいます。これからも喜びます。というのは、あなたがたの祈りと、イエス・キリストの霊の助けとによって、このことがわたしの救いになると知っているからです。   (エペソ1:17~19)

3月20日(土)    父よ、今、御前でわたしに栄光を与えてください。世界が造られる前に、わたしがみもとで持っていたあの栄光を。   (ヨハネ17:5)

3月30日(日)の礼拝案内

Posted 3月 24th, 2019 by JCスタッフ

次聖日は合同礼拝で、集合場所は教育館講堂ゆりです。
聖書のお話は、「イエスの変貌」(マタイ17:1~13)で時間は9時からです。