7月21日(日)の礼拝案内

Posted 7月 15th, 2019 by JCスタッフ

次聖日は 、
オリーブ、小麦 : 教育館講堂、
大麦:教育館たんぽぽ、
聖書の内容は「パウロの回心」(使徒8:1~3、9:1~22)で時間は9時からです。

7月14日(日)7月20日(土)の聖句

Posted 7月 15th, 2019 by JCスタッフ

7月14日(日)   さて、散って行った人々は、福音を告げ知らせながら巡り歩いた。     (使徒8:4)

7月15日(月)  わたしたちは、十字架につけられたキリストを宣べ伝えています。すなわち、ユダヤ人にはつまずかせるもの、異邦人には愚かなものですが、ユダヤ人であろうがギリシア人であろうが、召された者には、神の力、神の知恵であるキリストを宣べ伝えているのです。   (1コリント1:23~24)

7月16日(火)   「主の名を呼び求める者はだれでも救われる」のです。   (ローマ10:13)

7月17日(水)  ところで、信じたことのない方を、どうして呼び求められよう。聞いたことのない方を、どうして信じられよう。また、宣べ伝える人がなければ、どうして聞くことができよう。遣わされないで、どうして宣べ伝えることができよう。「良い知らせを伝える者の足は、なんと美しいことか」と書いてあるとおりです。  (ローマ10:14~15)

7月18日(木)  わたしたちは神に認められ、福音をゆだねられているからこそ、このように語っています。人に喜ばれるためではなく、わたしたちの心を吟味される神に喜んでいただくためです。    (1テサロニケ2:4)

7月19日(金)  心の中でキリストを主とあがめなさい。あなたがたの抱いている希望について説明を要求する人には、いつでも弁明できるように備えていなさい。   (1ペテロ3:15)

7月20日(土)   また、わたしが適切な言葉を用いて話し、福音の神秘を大胆に示すことができるように、わたしのためにも祈ってください。     (エペソ6:19)

7月14日(日)の礼拝案内

Posted 7月 7th, 2019 by JCスタッフ

次聖日は 、
オリーブ:教育館講堂ゆり、
小麦:教育館ちゅーりっぷ、
大麦:教育館たんぽぽ、
聖書の内容は「ピリポの宣教」(使徒8:4~40)で時間は9時からです。

7月7日(日)~7月13日(土)聖句

Posted 7月 7th, 2019 by JCスタッフ

7月7日(日)   はっきり言っておく。一粒の麦は、地に落ちて死ななければ、一粒のままである。だが、死ねば、多くの実を結ぶ。     (ヨハネ12:24)

7月8日(月)  義のために迫害される人々は、幸いである、/天の国はその人たちのものである。   (マタイ5:10)

7月9日(火)   しかし、わたしは言っておく。敵を愛し、自分を迫害する者のために祈りなさい。   (マタイ5:44)

7月10日(水)  すると主は、「わたしの恵みはあなたに十分である。力は弱さの中でこそ十分に発揮されるのだ」と言われました。だから、キリストの力がわたしの内に宿るように、むしろ大いに喜んで自分の弱さを誇りましょう。それゆえ、わたしは弱さ、侮辱、窮乏、迫害、そして行き詰まりの状態にあっても、キリストのために満足しています。なぜなら、わたしは弱いときにこそ強いからです。  (2コリント12:9~10)

7月11日(木)  信仰の創始者また完成者であるイエスを見つめながら。このイエスは、御自身の前にある喜びを捨て、恥をもいとわないで十字架の死を耐え忍び、神の玉座の右にお座りになったのです。    (ヘブル12:2)

7月12日(金)  わたしたちは、生きるとすれば主のために生き、死ぬとすれば主のために死ぬのです。従って、生きるにしても、死ぬにしても、わたしたちは主のものです。   (ローマ14:8)

7月13日(土)   神を愛する者たち、つまり、御計画に従って召された者たちには、万事が益となるように共に働くということを、わたしたちは知っています。     (ローマ8:28)

7月7日(日)の礼拝案内

Posted 6月 30th, 2019 by JCスタッフ

次聖日は 、
オリーブ、小麦 : 教育館講堂、
大麦:教育館たんぽぽ、
聖書の内容は「ステパノの殉教」(使徒6:1~8:4)で時間は9時からです。

6月30日(日)~7月6日(土)の聖句

Posted 6月 30th, 2019 by JCスタッフ

6月30日(日)   「行って神殿の境内に立ち、この命の言葉を残らず民衆に告げなさい」と言った。     (使徒5:20)

7月1日(月)  ペトロとほかの使徒たちは答えた。「人間に従うよりも、神に従わなくてはなりません。   (使徒5:29)

7月2日(火)   それで使徒たちは、イエスの名のために辱めを受けるほどの者にされたことを喜び、最高法院から出て行き、毎日、神殿の境内や家々で絶えず教え、メシア・イエスについて福音を告げ知らせていた。   (使徒5:41~42)

7月3日(水)  つまり、あなたがたには、キリストを信じることだけでなく、キリストのために苦しむことも、恵みとして与えられているのです。  (ピリピ1:29)

7月4日(木)  わたしのためにののしられ、迫害され、身に覚えのないことであらゆる悪口を浴びせられるとき、あなたがたは幸いである。喜びなさい。大いに喜びなさい。天には大きな報いがある。あなたがたより前の預言者たちも、同じように迫害されたのである。」   (マタイ5:11~12)

7月5日(金)  そして、どんなことにも恥をかかず、これまでのように今も、生きるにも死ぬにも、わたしの身によってキリストが公然とあがめられるようにと切に願い、希望しています。    (ピリピ1:20)

7月6日(土)   子たちよ、言葉や口先だけではなく、行いをもって誠実に愛し合おう。御言葉を宣べ伝えなさい。折が良くても悪くても励みなさい。とがめ、戒め、励ましなさい。忍耐強く、十分に教えるのです。     (2テモテ4:2)

6月30日の礼拝案内

Posted 6月 26th, 2019 by JCスタッフ

次聖日は合同礼拝で、集合場所は教育館講堂ゆりです。
聖書のお話は、「語り続ける使徒たち」(使徒5:17~42)で時間は9時からです。

6月23日(日)~6月29日(土)の聖句

Posted 6月 26th, 2019 by JCスタッフ

6月23日(日)   使徒たちは、大いなる力をもって主イエスの復活を証しし、皆、人々から非常に好意を持たれていた。   (使徒4:33)

6月24日(月)  信者の中には、一人も貧しい人がいなかった。土地や家を持っている人が皆、それを売っては代金を持ち寄り、使徒たちの足もとに置き、その金は必要に応じて、おのおのに分配されたからである。   (使徒4:34~35)

6月25日(火)   各自、不承不承ではなく、強制されてでもなく、こうしようと心に決めたとおりにしなさい。喜んで与える人を神は愛してくださるからです。    (2コリント9:7)

6月26日(水)  神は、あなたがたがいつもすべての点ですべてのものに十分で、あらゆる善い業に満ちあふれるように、あらゆる恵みをあなたがたに満ちあふれさせることがおできになります。  (2コリント9:8)

6月27日(木)  あなたがたはすべてのことに富む者とされて惜しまず施すようになり、その施しは、わたしたちを通じて神に対する感謝の念を引き出します。なぜなら、この奉仕の働きは、聖なる者たちの不足しているものを補うばかりでなく、神に対する多くの感謝を通してますます盛んになるからです。    (2コリント9:11~12)

6月28日(金)  その掟とは、神の子イエス・キリストの名を信じ、この方がわたしたちに命じられたように、互いに愛し合うことです。    (1ヨハネ3:23)

6月29日(土)   子たちよ、言葉や口先だけではなく、行いをもって誠実に愛し合おう。     (1ヨハネ3:18)

6月23日(日)の礼拝案内

Posted 6月 17th, 2019 by JCスタッフ

次聖日は 、
オリーブ:教育館講堂ゆり、
小麦:教育館ちゅーりっぷ、
大麦:教育館たんぽぽ、
聖書の内容は「信じた者の群れ」(使徒4:31~5:16)で時間は9時からです。

6月16日~6月22日(土)の聖句

Posted 6月 17th, 2019 by JCスタッフ

6月16日(日)   ペトロは言った。「わたしには金や銀はないが、持っているものをあげよう。ナザレの人イエス・キリストの名によって立ち上がり、歩きなさい。」   (使途3:6)

6月17日(月)  そして、右手を取って彼を立ち上がらせた。すると、たちまち、その男は足やくるぶしがしっかりして、躍り上がって立ち、歩きだした。そして、歩き回ったり躍ったりして神を賛美し、二人と一緒に境内に入って行った。   (使途3:7~8)

6月18日(火)   あなたがたは、命への導き手である方を殺してしまいましたが、神はこの方を死者の中から復活させてくださいました。わたしたちは、このことの証人です。あなたがたの見て知っているこの人を、イエスの名が強くしました。それは、その名を信じる信仰によるものです。イエスによる信仰が、あなたがた一同の前でこの人を完全にいやしたのです。    (使途3:15~16)

6月19日(水)  ほかのだれによっても、救いは得られません。わたしたちが救われるべき名は、天下にこの名のほか、人間には与えられていないのです。」  (使途4:12)

6月20日(木)  議員や他の者たちは、ペトロとヨハネの大胆な態度を見、しかも二人が無学な普通の人であることを知って驚き、また、イエスと一緒にいた者であるということも分かった。    (使途4:13)

6月21日(金)  しかし、ペトロとヨハネは答えた。「神に従わないであなたがたに従うことが、神の前に正しいかどうか、考えてください。わたしたちは、見たことや聞いたことを話さないではいられないのです。」    (使途4:19~20)

6月22日(土)   また預言者も皆、イエスについて、この方を信じる者はだれでもその名によって罪の赦しが受けられる、と証ししています。」     (使徒10:43)