6月23日(日)の礼拝案内

Posted 6月 17th, 2019 by JCスタッフ

次聖日は 、
オリーブ:教育館講堂ゆり、
小麦:教育館ちゅーりっぷ、
大麦:教育館たんぽぽ、
聖書の内容は「信じた者の群れ」(使徒4:31~5:16)で時間は9時からです。

6月16日~6月22日(土)の聖句

Posted 6月 17th, 2019 by JCスタッフ

6月16日(日)   ペトロは言った。「わたしには金や銀はないが、持っているものをあげよう。ナザレの人イエス・キリストの名によって立ち上がり、歩きなさい。」   (使途3:6)

6月17日(月)  そして、右手を取って彼を立ち上がらせた。すると、たちまち、その男は足やくるぶしがしっかりして、躍り上がって立ち、歩きだした。そして、歩き回ったり躍ったりして神を賛美し、二人と一緒に境内に入って行った。   (使途3:7~8)

6月18日(火)   あなたがたは、命への導き手である方を殺してしまいましたが、神はこの方を死者の中から復活させてくださいました。わたしたちは、このことの証人です。あなたがたの見て知っているこの人を、イエスの名が強くしました。それは、その名を信じる信仰によるものです。イエスによる信仰が、あなたがた一同の前でこの人を完全にいやしたのです。    (使途3:15~16)

6月19日(水)  ほかのだれによっても、救いは得られません。わたしたちが救われるべき名は、天下にこの名のほか、人間には与えられていないのです。」  (使途4:12)

6月20日(木)  議員や他の者たちは、ペトロとヨハネの大胆な態度を見、しかも二人が無学な普通の人であることを知って驚き、また、イエスと一緒にいた者であるということも分かった。    (使途4:13)

6月21日(金)  しかし、ペトロとヨハネは答えた。「神に従わないであなたがたに従うことが、神の前に正しいかどうか、考えてください。わたしたちは、見たことや聞いたことを話さないではいられないのです。」    (使途4:19~20)

6月22日(土)   また預言者も皆、イエスについて、この方を信じる者はだれでもその名によって罪の赦しが受けられる、と証ししています。」     (使徒10:43)

6月16日(日)の礼拝案内

Posted 6月 9th, 2019 by JCスタッフ

次聖日は 、
オリーブ、小麦 : 教育館講堂、
大麦:教育館たんぽぽ、
聖書の内容は「美しの門で」(使徒3:1~4:22)で時間は9時からです。

6月9日(日)~6月15(土)の聖句

Posted 6月 9th, 2019 by JCスタッフ

6月9日(日)   あなたがたの上に聖霊が降ると、あなたがたは力を受ける。そして、エルサレムばかりでなく、ユダヤとサマリアの全土で、また、地の果てに至るまで、わたしの証人となる。」   (使途1:8)

6月10日(月)  すると、一同は聖霊に満たされ、“霊”が語らせるままに、ほかの国々の言葉で話しだした。   (使途2:4)

6月11日(火)   すると、ペトロは彼らに言った。「悔い改めなさい。めいめい、イエス・キリストの名によって洗礼を受け、罪を赦していただきなさい。そうすれば、賜物として聖霊を受けます。    (使途2:38)

6月12日(水)  わたしは父にお願いしよう。父は別の弁護者を遣わして、永遠にあなたがたと一緒にいるようにしてくださる。この方は、真理の霊である。世は、この霊を見ようとも知ろうともしないので、受け入れることができない。しかし、あなたがたはこの霊を知っている。この霊があなたがたと共におり、これからも、あなたがたの内にいるからである。  (ヨハネ14:16~17)

6月13日(木)  ここであなたがたに言っておきたい。神の霊によって語る人は、だれも「イエスは神から見捨てられよ」とは言わないし、また、聖霊によらなければ、だれも「イエスは主である」とは言えないのです。    (1コリント12:3)

6月14日(金)  ペトロの言葉を受け入れた人々は洗礼を受け、その日に三千人ほどが仲間に加わった。彼らは、使徒の教え、相互の交わり、パンを裂くこと、祈ることに熱心であった。   (使途2:41~42)

6月15日(土)   そして、毎日ひたすら心を一つにして神殿に参り、家ごとに集まってパンを裂き、喜びと真心をもって一緒に食事をし、神を賛美していたので、民衆全体から好意を寄せられた。こうして、主は救われる人々を日々仲間に加え一つにされたのである。     (使徒2:46~47)

6月9日(日)の礼拝案内

Posted 6月 2nd, 2019 by JCスタッフ

次聖日は、ペンテコステ/子供の日・花の日(成人との合同)礼拝です。

注集合場所は10時に教会ミッションホールです。
聖書のお話は、「精霊がくだる」(使徒1:3~8、12~14、使徒2章)です。

 

6月2日~6月8日(土)の聖句

Posted 6月 2nd, 2019 by JCスタッフ

6月2日(日)    なぜなら、/「恵みの時に、わたしはあなたの願いを聞き入れた。救いの日に、わたしはあなたを助けた」と神は言っておられるからです。今や、恵みの時、今こそ、救いの日。   (2コリント6:2)

6月3日(月)  招かれる人は多いが、選ばれる人は少ない。」   (マタイ22:14)

6月4日(火)     神は、すべての人々が救われて真理を知るようになることを望んでおられます。    (1テモテ2:4)

6月5日(水)  それについては、次のように言われています。「今日、あなたたちが神の声を聞くなら、/神に反抗したときのように、/心をかたくなにしてはならない。」  (ヘブル3:15)

6月6日(木)  あなたがたは皆、信仰により、キリスト・イエスに結ばれて神の子なのです。洗礼を受けてキリストに結ばれたあなたがたは皆、キリストを着ているからです。    (ガラテヤ3:26~27)

6月7日(金)  互いにうそをついてはなりません。古い人をその行いと共に脱ぎ捨て、造り主の姿に倣う新しい人を身に着け、日々新たにされて、真の知識に達するのです。   (コロサイ3:9~10)

6月8日(土)    それから、イエスは言われた。「全世界に行って、すべての造られたものに福音を宣べ伝えなさい。     (マルコ16:15)

6月2日(日)の礼拝案内

Posted 5月 27th, 2019 by JCスタッフ

次聖日は 、
オリーブ、小麦 : 教育館講堂、
大麦:教育館たんぽぽ
聖書の内容は「宴会への招待」(マタイ22:1~13)で時間は9時からです。

5月26日(日)~6月1日(土)の聖句

Posted 5月 27th, 2019 by JCスタッフ

5月26日(日)   主は憐れみ深く、正義を行われる。わたしたちの神は情け深い。   (詩篇116:5)

5月27日(月)  神は、わたしたちが行った義の業によってではなく、御自分の憐れみによって、わたしたちを救ってくださいました。この救いは、聖霊によって新しく生まれさせ、新たに造りかえる洗いを通して実現したのです。   (テトス3:5)

5月28日(火)   神がわたしたちを救い、聖なる招きによって呼び出してくださったのは、わたしたちの行いによるのではなく、御自身の計画と恵みによるのです。この恵みは、永遠の昔にキリスト・イエスにおいてわたしたちのために与えられ、    (2テモテ1:9)

5月29日(水)  わたしたちの主イエス・キリストの父である神は、ほめたたえられますように。神は、わたしたちをキリストにおいて、天のあらゆる霊的な祝福で満たしてくださいました。  (エペソ1:3)

5月30日(木)  イエス・キリストによって神の子にしようと、御心のままに前もってお定めになったのです。神がその愛する御子によって与えてくださった輝かしい恵みを、わたしたちがたたえるためです。    (エペソ1:5~6)

5月31日(金)  わたしたちはこの御子において、その血によって贖われ、罪を赦されました。これは、神の豊かな恵みによるものです。   (エペソ1:7)

6月1日(土)   事実、あなたがたは、恵みにより、信仰によって救われました。このことは、自らの力によるのではなく、神の賜物です。行いによるのではありません。それは、だれも誇ることがないためなのです。     (エペソ2:8~9)

5月26日(日)の礼拝案内

Posted 5月 19th, 2019 by JCスタッフ

次聖日は合同礼拝で、集合場所は教育館講堂ゆりです。
聖書のお話は、「ぶどう園のたとえ」(マタイ20:1~16)で時間は9時からです。

5月19日(日)~5月25日(土)の聖句

Posted 5月 19th, 2019 by JCスタッフ

5月19日(日)   はっきり言っておく。子供のように神の国を受け入れる人でなければ、決してそこに入ることはできない。」   (ルカ18:17)

5月20日(月)  金持ちが神の国に入るよりも、らくだが針の穴を通る方がまだ易しい。」これを聞いた人々が、「それでは、だれが救われるのだろうか」と言うと、イエスは、「人間にはできないことも、神にはできる」と言われた。   (ルカ18:25~27)

5月21日(火)   自分を低くして、この子供のようになる人が、天の国でいちばん偉いのだ。    (マタイ18:4)

5月22日(水)  生まれたばかりの乳飲み子のように、混じりけのない霊の乳を慕い求めなさい。これを飲んで成長し、救われるようになるためです。   (1ペテロ2:2)

5月23日(木)  口でイエスは主であると公に言い表し、心で神がイエスを死者の中から復活させられたと信じるなら、あなたは救われるからです。    (ローマ10:9)

5月24日(金)  そして、天使はわたしにこう言った。「これらの言葉は、信頼でき、また真実である。預言者たちの霊感の神、主が、その天使を送って、すぐにも起こるはずのことを、御自分の僕たちに示されたのである。    (1テモテ6:17~19)

5月25日(土)   主はわたしをすべての悪い業から助け出し、天にある御自分の国へ救い入れてくださいます。主に栄光が世々限りなくありますように、アーメン。     (2テモテ4:18)