2月2日(日)の礼拝案内

Posted 1月 26th, 2020 by JCスタッフ

次聖日は 、
オリーブ、小麦 : 教育館講堂、
大麦:教育館たんぽぽ、
聖書の内容は「ユダヤ人を救ったエステル」(エステル5~9章)で時間は9時からです。

1月26日(日)~2月1日(土)の聖句

Posted 1月 26th, 2020 by JCスタッフ

1月26日(日)    もし、この時にあなたが黙っているならば、ユダヤ人への解放と救済が他の所から起こり、あなたとあなたの父の家は滅びるであろう。このような時のためにこそ、あなたは王妃の位に達したのではないか。」      (エステル4:14)

1月27日(月)   「あなたは行って、スサにいるすべてのユダヤ人を集め、私のために断食してください。三日の間、夜も昼も、食べても飲んでもいけません。私も私の侍女たちも、同じように断食します。このようにしてから、法に背くことですが、私は王のもとに行きます。もし死ななければならないのであれば、死ぬ覚悟はできております。」      (エステル4:16)

1月28日(火)    あなたがたの内に働いて、御心のままに望ませ、行わせておられるのは神であるからです。     (ピリピ2:13)

1月29日(水)   そうすれば、とがめられるところのない純真な者となり、ゆがんだ邪悪な時代にあって、傷のない神の子どもとなって、この世で星のように輝き、命の言葉をしっかり保つでしょう。こうして私は、無駄に走ったわけでも、無駄に労苦したわけでもなかったと、キリストの日に誇ることができるでしょう。    (ピリピ2:15~16)

1月30日(木)    私たちは神の作品であって、神が前もって準備してくださった善い行いのために、キリスト・イエスにあって造られたからです。それは、私たちが善い行いをして歩むためです。    (エペソ2:10)

1月31日(金)   あなたがたは、以前は闇でしたが、今は主にあって光となっています。光の子として歩みなさい。――光の結ぶ実は、あらゆる善と義と真理との内にあるからです。――     (エペソ5:8~9)

2月1日(土)    そのように、あなたがたの光を人々の前に輝かせなさい。人々が、あなたがたの立派な行いを見て、天におられるあなたがたの父を崇めるようになるためである。」     (マタイ5:16)

1月26日(日)の礼拝案内

Posted 1月 19th, 2020 by JCスタッフ

次聖日は合同礼拝で、集合場所は教育館講堂ゆりです。
聖書のお話は、「王妃になったエステル」(エステル2~4章)で時間は9時からです。

1月19日(日)~1月25日(土)の聖句

Posted 1月 19th, 2020 by JCスタッフ

1月19日(日)    私の神が御使いを遣わしてライオンの口を塞いでくださったので、ライオンは私に危害を加えませんでした。神の前に私が無実であることが認められたのです。王様、あなたに対しても私は悪いことをしてはいません。」     (ダニエル6:23)

1月20日(月)   そこで、ダレイオス王はその禁令の文書に署名をした。     (ダニエル6:10)

1月21日(火)    ダニエルは王に語りかけた。「王様がとこしえに生き長らえますように。     (ダニエル6:22)

1月22日(水)   苦しむ人が呼び求めると、主はこれを聞き/あらゆる苦難から救ってくださった。    (詩篇34:7)

1月23日(木)    「彼は私を慕う。/私は彼を助け出そう。/彼は私の名を知っている。/私は彼を守ろう。彼が私を呼び求めるとき/私は答えよう。/苦難の時には彼と共にいる。/彼を助け出し、誉れを与えよう。    (詩篇91:14~15)

1月24日(金)   試練を耐え忍ぶ人は幸いです。その人は適格な者とされ、神を愛する者に約束された命の冠を受けるからです。    (ヤコブ1:12)

1月25日(土)    「心を騒がせてはならない。神を信じ、また私を信じなさい。     (ヨハネ14:1)

ナザレの風 No,283 2020年1月

Posted 1月 13th, 2020 by JCスタッフ

ナザレの風 No,283 2020年1月

1月19日(日)の礼拝案内

Posted 1月 13th, 2020 by JCスタッフ

次聖日は 、
オリーブ:教育館講堂ゆり、
小麦:教育館ちゅーりっぷ、
大麦:教育館たんぽぽ、
聖書の内容は「ライオンの穴」(ダニエル6章)で時間は9時からです。

1月12日(日)~1月18日(土)の聖句

Posted 1月 13th, 2020 by JCスタッフ

1月12日(日)    もしそうなれば、私たちが仕える神は、私たちを救い出すことができます。火の燃える炉の中から、また、王様、あなたの手から、救い出してくださいます。      (ダニエル3:17)

1月13日(月)   たとえそうでなくとも、王様、ご承知ください。私たちはあなたの神々に仕えることも、あなたが立てた金の像を拝むこともいたしません。」      (ダニエル3:18)

1月31日(火)    王は言った。「しかし私には、四人の者が縄目を解かれ、火の中を歩いているのが見える。しかも何の害も受けていない。四人目の者の姿は神の子のようだ。」      (ダニエル3:25)

1月14日(水)   恐れるな、私があなたと共にいる。/たじろぐな、私があなたの神である。/私はあなたを奮い立たせ、助け/私の勝利の右手で支える。     (イザヤ41:10)

1月15日(木)    それでは、私たちは信仰によって、律法を無効にするのか。決してそうではない。むしろ、律法を確立するのです。   (ローマ3:31)

1月16日(金)   では、これらのことについて何と言うべきでしょう。神が味方なら、誰が私たちに敵対できますか。    (ローマ8:31)

1月17日(土)    あなたがたを襲った試練で、世の常でないものはありません。神は真実な方です。あなたがたを耐えられないような試練に遭わせることはなさらず、試練と共に、それに耐えられるよう、逃れる道をも備えてくださいます。     (1コリント10:13)

1月5日(日)の礼拝案内

Posted 12月 31st, 2019 by JCスタッフ

次聖日は、合同礼拝で場所は教育館講堂ゆりです。
聖書のお話は、「」()で時間は9時からです。

12月29日(日)~1月4日(土)の聖句

Posted 12月 31st, 2019 by JCスタッフ

12月29日(日)    神は霊である。だから、神を礼拝する者は、霊と真実をもって礼拝しなければならない。」      (ヨハネ4:24)

12月30日(日)   しかし、まことの礼拝をする者たちが、霊と真実をもって父を礼拝する時が来る。今がその時である。父はこのように礼拝する者を求めておられるからだ。      (ヨハネ4:23)

12月31日(火)    イエスは言われた。「私は道であり、真理であり、命である。私を通らなければ、誰も父のもとに行くことができない。     (ヨハネ14:6)

1月1日(水)   しかし、その方、すなわち真理の霊が来ると、あなたがたをあらゆる真理に導いてくれる。その方は、勝手に語るのではなく、聞いたことを語り、これから起こることをあなたがたに告げるからである。     (ヨハネ16:13)

1月2日(木)    神は私たちにご自分の霊を分け与えてくださいました。これによって、私たちが神の内にとどまり、神が私たちの内にとどまってくださることが分かります。    (1ヨハネ4:13)

1月3日(金)   では、私たちがアブラハムを肉による先祖としていることについては、何と言うべきでしょう。    (ローマ12:1)

1月4日(土)    私の魂よ、主をたたえよ。/そのすべての計らいを忘れるな。     (詩篇103:2)

12月29日(日)の礼拝案内

Posted 12月 23rd, 2019 by JCスタッフ

次聖日は合同礼拝で、集合場所は教育館講堂ゆりです。
聖書のお話は、「私たちの礼拝」(ヨハネ4:1~26)で時間は9時からです。