1月20日(日)~1月26日(土)の聖句

Posted 1月 20th, 2019 by JCスタッフ

1月20日(日)   心を尽くして主に信頼し、自分の分別には頼らず常に主を覚えてあなたの道を歩け。そうすれば/主はあなたの道筋をまっすぐにしてくださる。   (箴言3:5~6)

1月21日(月)  サムエルは言った。「主が喜ばれるのは/焼き尽くす献げ物やいけにえであろうか。むしろ、主の御声に聞き従うことではないか。見よ、聞き従うことはいけにえにまさり/耳を傾けることは雄羊の脂肪にまさる。   (1サムエル15:22)

1月22日(火)   むしろ、わたしは次のことを彼らに命じた。「わたしの声に聞き従え。そうすれば、わたしはあなたたちの神となり、あなたたちはわたしの民となる。わたしが命じる道にのみ歩むならば、あなたたちは幸いを得る。」   (エレミヤ7:23)

1月23日(水)  そこでわたしは申します。御覧ください、わたしは来ております。わたしのことは/巻物に記されております    (詩篇40:8)

1月24日(木)  すべてに耳を傾けて得た結論。「神を畏れ、その戒めを守れ。」これこそ、人間のすべて。  (コヘレト12:13)

1月25日(金)  何が主に喜ばれるかを吟味しなさい。  (エペソ5:10)

1月26日(土)  だから、無分別な者とならず、主の御心が何であるかを悟りなさい。   (エペソ5:17)

1月20日(日)の礼拝案内

Posted 1月 13th, 2019 by JCスタッフ

次聖日は、
オリーブ、小麦合同礼拝:教育館講堂ゆり
大麦:教育館たんぽぽ
聖書のお話は、「失敗したサウル」(2サムエル13:1~15、15:1~26)で時間は9時からです。

1月13日(日)~1月19日(土)の聖句

Posted 1月 13th, 2019 by JCスタッフ

1月13日(日)   主を畏れ、心を尽くし、まことをもって主に仕えなさい。主がいかに偉大なことをあなたたちに示されたかを悟りなさい。 (1サムエル12:24)

1月14日(月)  サウルがサムエルと別れて帰途についたとき、神はサウルの心を新たにされた。以上のしるしはすべてその日に起こった。   (1サムエル10:9)

1月15日(火)   国々にふれて言え、主こそ王と。世界は固く据えられ、決して揺らぐことがない。主は諸国の民を公平に裁かれる。   (詩篇96:10)

1月16日(水)  そこで、まず第一に勧めます。願いと祈りと執り成しと感謝とをすべての人々のためにささげなさい。王たちやすべての高官のためにもささげなさい。わたしたちが常に信心と品位を保ち、平穏で落ち着いた生活を送るためです。    (1テモテ2:1~2)

1月17日(木)  主を畏れる人は誰か。主はその人に選ぶべき道を示されるであろう。  (詩篇25:12)

1月18日(金)  御旨を行うすべを教えてください。あなたはわたしの神。恵み深いあなたの霊によって/安らかな地に導いてください。  (詩篇143:10)

1月19日(土)  主に信頼し、善を行え。この地に住み着き、信仰を糧とせよ。主に自らをゆだねよ/主はあなたの心の願いをかなえてくださる。   (詩篇37:3~4)

ナザレの風 No,271 2019年1月

Posted 1月 6th, 2019 by JCスタッフ

ナザレの風 No,271 2019年1月

1月13日(日)の礼拝案内

Posted 1月 6th, 2019 by JCスタッフ

次聖日は 、
オリーブ:教育館講堂ゆり
小麦:教育館ちゅーりっぷ
大麦:教育館たんぽぽ
聖書の内容は「最初の王サウル」(1サムエル8:1~10:24)で時間は9時からです。

1月6日(日)~1月12日(土)の聖句

Posted 1月 6th, 2019 by JCスタッフ

1月6日(日)   サムエルに言った。「戻って寝なさい。もしまた呼びかけられたら、『主よ、お話しください。僕は聞いております』と言いなさい。」サムエルは戻って元の場所に寝た。  (1サムエル3:9)

1月7日(月)  神は、かつて預言者たちによって、多くのかたちで、また多くのしかたで先祖に語られたが、この終わりの時代には、御子によってわたしたちに語られました。神は、この御子を万物の相続者と定め、また、御子によって世界を創造されました。   (ヘブル1:1~2)

1月8日(火)   聖書はすべて神の霊の導きの下に書かれ、人を教え、戒め、誤りを正し、義に導く訓練をするうえに有益です。こうして、神に仕える人は、どのような善い業をも行うことができるように、十分に整えられるのです。   (2テモテ3:16~17)

1月9日(水)  良い土地に落ちたのは、立派な善い心で御言葉を聞き、よく守り、忍耐して実を結ぶ人たちである。」    (ルカ8:15)

1月10日(木)  あなたの御言葉は、わたしの道の光/わたしの歩みを照らす灯。  (詩篇119:105)

1月11日(金)  主はわたしたちの神、わたしたちは主の民/主に養われる群れ、御手の内にある羊。今日こそ、主の声に聞き従わなければならない。「あの日、荒れ野のメリバやマサでしたように/心を頑にしてはならない。  (詩篇95:7~8)

1月12日(土)  だから、あらゆる汚れやあふれるほどの悪を素直に捨て去り、心に植え付けられた御言葉を受け入れなさい。この御言葉は、あなたがたの魂を救うことができます。御言葉を行う人になりなさい。自分を欺いて、聞くだけで終わる者になってはいけません。   (ヤコブ1:21~22)

1月6日(日)の礼拝案内

Posted 12月 30th, 2018 by JCスタッフ

次聖日は、
オリーブ、小麦、大麦クラス合同礼拝で場所は教育館講堂ゆりです。
聖書のお話は、「サムエル」(1サムエル2:18~26、3章)で時間は9時からです。

12月30日(日)~1月5日(土)の聖句

Posted 12月 30th, 2018 by JCスタッフ

12月30日(日)   【賛歌。ダビデの詩。】主は羊飼い、わたしには何も欠けることがない。  (詩篇23:1)

12月31日(月)  主はわたしを青草の原に休ませ/憩いの水のほとりに伴い   (詩篇23:2)

1月1日(火)   魂を生き返らせてくださる。主は御名にふさわしく/わたしを正しい道に導かれる。   (詩篇23:3)

1月2日(水)  死の陰の谷を行くときも/わたしは災いを恐れない。あなたがわたしと共にいてくださる。あなたの鞭、あなたの杖/それがわたしを力づける。    (詩篇23:4)

1月3日(木)  命のある限り/恵みと慈しみはいつもわたしを追う。主の家にわたしは帰り/生涯、そこにとどまるであろう。  (詩篇23:6)

1月4日(金)  わたしは良い羊飼いである。良い羊飼いは羊のために命を捨てる。  (ヨハネ10:11)

1月5日(土)  そして、十字架にかかって、自らその身にわたしたちの罪を担ってくださいました。わたしたちが、罪に対して死んで、義によって生きるようになるためです。そのお受けになった傷によって、あなたがたはいやされました。あなたがたは羊のようにさまよっていましたが、今は、魂の牧者であり、監督者である方のところへ戻って来たのです。   (1ペテロ2:24~25)

12月30日(日)の礼拝案内

Posted 12月 23rd, 2018 by JCスタッフ

次聖日は合同礼拝で、集合場所は教育館講堂ゆりです。
聖書のお話は、「神と私」(詩篇23篇)で時間は9時からです。

12月23日(日)~12月29日(土)の聖句

Posted 12月 23rd, 2018 by JCスタッフ

12月23日(日)   今日ダビデの町で、あなたがたのために救い主がお生まれになった。この方こそ主メシアである。  (ルカ2:11)

12月24日(月)  ところが、彼らがベツレヘムにいるうちに、マリアは月が満ちて、初めての子を産み、布にくるんで飼い葉桶に寝かせた。宿屋には彼らの泊まる場所がなかったからである。   (ルカ2:6~7)

12月25日(火)   天使は言った。「恐れるな。わたしは、民全体に与えられる大きな喜びを告げる。  (ルカ2:10)

12月26日(水)  「いと高きところには栄光、神にあれ、/地には平和、御心に適う人にあれ。」    (ルカ2:14)

12月27日(木)  わたしたちはまた、御父が御子を世の救い主として遣わされたことを見、またそのことを証ししています。  (1ヨハネ4:14)

12月28日(金)  キリストは、神の身分でありながら、神と等しい者であることに固執しようとは思わず、かえって自分を無にして、僕の身分になり、人間と同じ者になられました。人間の姿で現れ、へりくだって、死に至るまで、それも十字架の死に至るまで従順でした。  (ピリピ2:6~8)

12月29日(土)  こうして、天上のもの、地上のもの、地下のものがすべて、イエスの御名にひざまずき、すべての舌が、「イエス・キリストは主である」と公に宣べて、父である神をたたえるのです。   (ピリピ2:10~11)