1月10日(日)~1月16日(土)の聖句

Posted 1月 10th, 2021 by JCスタッフ

1月10日(日)     そして、「これは私の愛する子、私の心に適う者」と言う声が、天から聞こえた。      (マタイ3:17)

1月11日(月)    その頃、洗礼者ヨハネが現れて、ユダヤの荒れ野で宣べ伝えて、言った。「悔い改めよ。天の国は近づいた。」      (マタイ3:1~2)

1月12日(火)   その時、イエスが、ガリラヤからヨルダン川のヨハネのところへ来られた。彼から洗礼(バプテスマ)を受けるためである。ところが、ヨハネは、それを思いとどまらせようとして言った。「私こそ、あなたから洗礼(バプテスマ)を受けるべきなのに、あなたが、私のところに来られたのですか。」       (マタイ3:13~14)

1月13日(水)    しかし、イエスはお答えになった。「今はそうさせてもらいたい。すべてを正しく行うのは、我々にふさわしいことです。」そこで、ヨハネはイエスの言われるとおりにした。       (マタイ3:15)

1月14日(木)   イエスは洗礼(バプテスマ)を受けると、すぐに水から上がられた。すると、天が開け、神の霊が鳩のようにご自分の上に降って来るのを御覧になった。そして、「これは私の愛する子、私の心に適う者」と言う声が、天から聞こえた。     (マタイ3:16~17)

1月15日(金)   それで、イエスは、神の前で憐れみ深い、忠実な大祭司となって、民の罪を宥めるために、あらゆる点できょうだいたちと同じようにならなければなりませんでした。     (ヘブル2:17)

1月16日(土)   そこで、ペトロは彼らに言った。「悔い改めなさい。めいめい、イエス・キリストの名によって洗礼(バプテスマ)を受け、罪を赦していただきなさい。そうすれば、聖霊の賜物を受けるでしょう。     (使徒2:38)

1月3日(日)~1月9日(土)の聖句

Posted 1月 3rd, 2021 by JCスタッフ

1月3日(日)     イエスは神と人から恵みを受けて、知恵が増し、背丈も伸びていった。      (ルカ2:58)

1月4日(月)    三日後にようやく、イエスが神殿の境内で教師たちの真ん中に座って、話を聞いたり質問したりしておられるのを見つけた。聞いている人は皆、イエスの賢さとその受け答えに驚嘆していた。      (ルカ2:46~47)

1月5日(火)   すると、イエスは言われた。「どうして私を捜したのですか。私が自分の父の家にいるはずだということを、知らなかったのですか。」      (ルカ2:49)

1月6日(水)    それから、イエスは一緒に下って行き、ナザレに帰り、両親にお仕えになった。母はこれらのことをみな心に留めていた。       (ルカ2:51)

1月7日(木)   あなたがたは皆、真実によって、キリスト・イエスにあって神の子なのです。     (ガラテヤ3:26)

1月8日(金)   ですから、神に愛された子どもとして、神に倣う者となり、     (エペソ5:1)

1月9日(土)   また、自分が幼い頃から聖書に親しんできたことをも知っているからです。この書物は、キリスト・イエスへの信仰を通して救いに至る知恵を与えることができます。     (2テモテ3:15)

12月27日(日)~1月2日(土)の聖句

Posted 12月 27th, 2020 by JCスタッフ

12月27日(日)     神は、その独り子をお与えになったほどに、世を愛された。御子を信じる者が一人も滅びないで、永遠の命を得るためである。       (ヨハネ3:16)

12月28日(月)    シメオンは幼子を腕に抱き、神をほめたたえて言った。「主よ、今こそあなたはお言葉どおり/この僕を安らかに去らせてくださいます。私はこの目であなたの救いを見たからです。       (ルカ2:28~30)

12月29日(火)   これは万民の前に備えられた救いで異邦人を照らす啓示の光/あなたの民イスラエルの栄光です。」     (ルカ2:31~32)

12月30日(水)    ちょうどその時、彼女も近づいて来て神に感謝を献げ、エルサレムの贖いを待ち望んでいる人々皆に幼子のことを語った。       (ルカ2:38)

12月31日(木)   あなたがたは、キリストを見たことがないのに愛しており、今見てはいないのに信じており、言葉に尽くせないすばらしい喜びに溢れています。それは、あなたがたが信仰の目標である魂の救いを得ているからです。     (1ペテロ1:8~9)

1月1日(金)   神は独り子を世にお遣わしになりました。その方によって、私たちが生きるようになるためです。ここに、神の愛が私たちの内に現されました。    (1ヨハネ4:9)

1月2日(土)   ダビデの詩。/私の魂よ、主をたたえよ。/私の内なるすべてのものよ/その聖なる名をたたえよ。私の魂よ、主をたたえよ。/そのすべての計らいを忘れるな。     (詩篇103:1~2)

12月27日の礼拝案内

Posted 12月 20th, 2020 by JCスタッフ

次聖日は 合同礼拝です。場所は教育館講堂ゆりです。

聖書の内容は「シメオンとアンナ」(ルカ2:21~38)で時間は9時からです。

12月20日(日)~12月26日(日)の聖句

Posted 12月 20th, 2020 by JCスタッフ

12月20日(日)     八日がたって割礼の日を迎えたとき、幼子はイエスと名付けられた。胎内に宿る前に天使から示された名である。       (ルカ2:21)

12月21日(月)    天使は言った。「恐れるな。私は、すべての民に与えられる大きな喜びを告げる。      (ルカ2:10)

12月22日(火)   「いと高き所には栄光、神にあれ/地には平和、御心に適う人にあれ。」    (ルカ2:14)

12月23日(水)    羊飼いたちは、見聞きしたことがすべて天使の告げたとおりだったので、神を崇め、賛美しながら帰って行った。        (ルカ2:20)

12月24日(木)   実に、救いをもたらす神の恵みはすべての人に現されました。     (テトス2:11)

12月25日(金)   キリストは、天地創造の前からあらかじめ知られていましたが、この終わりの時に、あなたがたのために現れてくださいました。    (1ペテロ1:20)

12月26日(土)   今や、私たちの救い主キリスト・イエスが現れたことで明らかにされたものです。キリストは死を無力にし、福音によって命と不死とを明らかに示してくださいました。    (2テモテ1:10)

ナザレの風2020年12月

Posted 12月 16th, 2020 by JCスタッフ

ナザレの風2020年12月

12月20日(日)の礼拝案内

Posted 12月 13th, 2020 by JCスタッフ

次聖日は 、
クリスマス記念礼拝で、場所は教会礼拝堂です。
聖書の内容は「羊飼いへの御告げ」(ルカ2:8~17)で時間は9時からです。

12月13日(日)~12月19日(土)の聖句

Posted 12月 13th, 2020 by JCスタッフ

12月13日(日)     キリストは/神の形でありながら/神と等しくあることに固執しようとは思わずかえって自分を無にして/僕の形をとり/人間と同じ者になられました。/人間の姿で現れ        (ピリピ2:6~7)

12月14日(月)    ところが、彼らがそこにいるうちに、マリアは月が満ちて、初子の男子を産み、産着にくるんで飼い葉桶に寝かせた。宿屋には彼らの泊まる所がなかったからである。       (ルカ2:6~7)

12月15日(火)   あなたがたは私たちの主イエス・キリストの恵みを知っています。すなわち、主は富んでいたのに、あなたがたのために貧しくなられました。それは、主の貧しさによって、あなたがたが豊かになるためでした。     (2コリント8:9)

12月16日(水)    言は肉となって、私たちの間に宿った。私たちはその栄光を見た。それは父の独り子としての栄光であって、恵みと真理とに満ちていた。       (ヨハネ1:14)

12月17日(木)   いまだかつて、神を見た者はいない。父の懐にいる独り子である神、この方が神を示されたのである。     (ヨハネ1:18)

12月18日(金)   へりくだって、死に至るまで/それも十字架の死に至るまで/従順でした。このため、神はキリストを高く上げ/あらゆる名にまさる名を/お与えになりました。    (ピリピ2:8~9)

12月19日(土)   それは、イエスの御名によって/天上のもの、地上のもの、地下のものすべてが/膝をかがめすべての舌が/「イエス・キリストは主である」と告白して/父なる神が崇められるためです。     (ピリピ2:10~11)

12月13日(日)の礼拝案内

Posted 12月 6th, 2020 by JCスタッフ

次聖日は 、
オリーブ:教育館講堂ゆり、
小麦:教育館ちゅーりっぷ、
大麦:教会ミルトス、
聖書の内容は「救い主の誕生」(ルカ2:1~7)で時間は9時からです。

12月6日~12月12日(土)の聖句

Posted 12月 6th, 2020 by JCスタッフ

12月6日(日)    マリアは男の子を産む。その子をイエスと名付けなさい。この子は自分の民を罪から救うからである。」       (マタイ1:21)

12月7日(月)   「見よ、おとめが身ごもって男の子を産む。/その名はインマヌエルと呼ばれる。」これは、「神は私たちと共におられる」という意味である。       (マタイ1:23)

12月8日(火)  「キリスト・イエスは罪人を救うために世に来られた」という言葉は真実であり、すべて受け入れるに値します。私は、その罪人の頭です。     (1テモテ1:15)

12月9日(水)    そして自ら、私たちの罪を十字架の上で、その身に負ってくださいました。私たちが罪に死に、義に生きるためです。この方の打ち傷によって、あなたがたは癒やされたのです。       (1ペテロ2:24)

12月10日(木)     イエスについては、預言者も皆、この方を信じる者は誰でもその名によって罪の赦しが受けられる、と証ししています。」     (使徒10:43)

12月11日(金)   私たちはこの御子において、その血による贖い、すなわち罪の赦しを得ているのです。これは、神の豊かな恵みによるものです。    (エペソ1:7)

12月12日(土)   神は、罪を知らない方を、私たちのために罪となさいました。私たちが、その方にあって神の義となるためです。    (2コリント5:21)