11月10日(日)の礼拝案内

Posted 11月 4th, 2019 by JCスタッフ

次聖日は 、
オリーブ:教育館講堂ゆり、
小麦:教育館ちゅーりっぷ、
大麦:教育館たんぽぽ、
聖書の内容は「恐れないエリシャ」(2列王6:8~13)で時間は9時からです。

11月3日(日)~11月9日(土)の聖句

Posted 11月 4th, 2019 by JCスタッフ

11月3日(日)   もっと豊かな恵みをくださる。」それで、こう書かれています。「神は、高慢な者を敵とし、/謙遜な者には恵みをお与えになる。」     (ヤコブ4:6)

11月4日(月)  ナアマンは神の人の言葉どおりに下って行って、ヨルダンに七度身を浸した。彼の体は元に戻り、小さい子供の体のようになり、清くなった。    (2列王5:14)

11月5日(火)   彼は随員全員を連れて神の人のところに引き返し、その前に来て立った。「イスラエルのほか、この世界のどこにも神はおられないことが分かりました。今この僕からの贈り物をお受け取りください。」   (2列王5:15)

11月6日(水)  だから、神の力強い御手の下で自分を低くしなさい。そうすれば、かの時には高めていただけます。  (1ペテロ5:6)

11月7日(木)   だから、あらゆる汚れやあふれるほどの悪を素直に捨て去り、心に植え付けられた御言葉を受け入れなさい。この御言葉は、あなたがたの魂を救うことができます。   (ヤコブ1:21)

11月8日(金)  こうして、天上のもの、地上のもの、地下のものがすべて、イエスの御名にひざまずき、すべての舌が、「イエス・キリストは主である」と公に宣べて、父である神をたたえるのです。    (ピリピ2:10~11)

11月9日(土)   地の果てのすべての人々よ/わたしを仰いで、救いを得よ。わたしは神、ほかにはいない。    (イザヤ45:22)

11月3日(日)の礼拝案内

Posted 10月 27th, 2019 by JCスタッフ

次聖日は 、
オリーブ:教育館講堂ゆり、
小麦:教育館ちゅーりっぷ、
大麦:教育館たんぽぽ、
聖書の内容は「エリシャとナアマン」(2列王5:1~19)で時間は9時からです。

10月27(日)~11月2日(土)の聖句

Posted 10月 27th, 2019 by JCスタッフ

10月27日(日)   そこで、主に結ばれて囚人となっているわたしはあなたがたに勧めます。神から招かれたのですから、その招きにふさわしく歩み、     (エペソ4:1)

10月28日(月)  渡り終わると、エリヤはエリシャに言った。「わたしがあなたのもとから取り去られる前に、あなたのために何をしようか。何なりと願いなさい。」エリシャは、「あなたの霊の二つの分をわたしに受け継がせてください」と言った。    (2列王2:9)

10月29日(火)   エリコの預言者の仲間たちは目の前で彼を見て、「エリヤの霊がエリシャの上にとどまっている」と言い、彼を迎えに行って、その前で地にひれ伏した。  (2列王2:15)

10月30日(水)  あなたがたの内に働いて、御心のままに望ませ、行わせておられるのは神であるからです。  (ピリピ2:13)

10月31日(木)  どうか、御父が、その豊かな栄光に従い、その霊により、力をもってあなたがたの内なる人を強めて、  (エペソ3:16)

11月1日(金)  このために、わたしは労苦しており、わたしの内に力強く働く、キリストの力によって闘っています。    (コロサイ1:29)

11月2日(土)   わたしを強めてくださる方のお陰で、わたしにはすべてが可能です。    (ピリピ4:13)

10月27日(日)の礼拝案内

Posted 10月 20th, 2019 by JCスタッフ

次聖日は合同礼拝で、集合場所は教育館講堂ゆりです。
聖書のお話は、「後継者エリシャ」(1列王19:19~20、2列王2:1~8)で時間は9時からです。

10月20日(日)~10月26日(日)の聖句

Posted 10月 20th, 2019 by JCスタッフ

10月20日(日)   主に望みをおく人は新たな力を得/鷲のように翼を張って上る。走っても弱ることなく、歩いても疲れない。     (イザヤ40:31)

10月21日(月)  主の御使いはもう一度戻って来てエリヤに触れ、「起きて食べよ。この旅は長く、あなたには耐え難いからだ」と言った。エリヤは起きて食べ、飲んだ。その食べ物に力づけられた彼は、四十日四十夜歩き続け、ついに神の山ホレブに着いた。    (1列王19:7~8)

10月23日(火)   地震の後に火が起こった。しかし、火の中にも主はおられなかった。火の後に、静かにささやく声が聞こえた。それを聞くと、エリヤは外套で顔を覆い、出て来て、洞穴の入り口に立った。そのとき、声はエリヤにこう告げた。「エリヤよ、ここで何をしているのか。」   (1列王19:12~13)

10月24日(水)  恐れることはない、わたしはあなたと共にいる神。たじろぐな、わたしはあなたの神。勢いを与えてあなたを助け/わたしの救いの右の手であなたを支える。  (イザヤ41:10)

10月25日(木)  すると主は、「わたしの恵みはあなたに十分である。力は弱さの中でこそ十分に発揮されるのだ」と言われました。だから、キリストの力がわたしの内に宿るように、むしろ大いに喜んで自分の弱さを誇りましょう。  (2コリント12:9)

10月26日(金)  それゆえ、わたしは弱さ、侮辱、窮乏、迫害、そして行き詰まりの状態にあっても、キリストのために満足しています。なぜなら、わたしは弱いときにこそ強いからです。   (2コリント12:10)

10月27日(土)   神は、あらゆる苦難に際してわたしたちを慰めてくださるので、わたしたちも神からいただくこの慰めによって、あらゆる苦難の中にある人々を慰めることができます。    (2コリント1:4)

10月6日(日)の礼拝案内

Posted 9月 29th, 2019 by JCスタッフ

次聖日は 、
オリーブ:教育館講堂ゆり、
小麦:教育館ちゅーりっぷ、
大麦:教育館たんぽぽ、
聖書の内容は「」()で時間は9時からです。

9月29日~10月5日(土)の聖句

Posted 9月 29th, 2019 by JCスタッフ

9月29日(日)   神がわたしたちを救い、聖なる招きによって呼び出してくださったのは、わたしたちの行いによるのではなく、御自身の計画と恵みによるのです。この恵みは、永遠の昔にキリスト・イエスにおいてわたしたちのために与えられ、     (2テモテ1:9)

9月30日(月)  そして、あなたが抱いている純真な信仰を思い起こしています。その信仰は、まずあなたの祖母ロイスと母エウニケに宿りましたが、それがあなたにも宿っていると、わたしは確信しています。    (2テモテ1:5)

10月1日(火)   だがあなたは、自分が学んで確信したことから離れてはなりません。あなたは、それをだれから学んだかを知っており、また、自分が幼い日から聖書に親しんできたことをも知っているからです。この書物は、キリスト・イエスへの信仰を通して救いに導く知恵を、あなたに与えることができます。   (2テモテ3:14~15)

10月2日(水)  聖書はすべて神の霊の導きの下に書かれ、人を教え、戒め、誤りを正し、義に導く訓練をするうえに有益です。こうして、神に仕える人は、どのような善い業をも行うことができるように、十分に整えられるのです。  (2テモテ3:16~17)

10月3日(木)  御言葉を宣べ伝えなさい。折が良くても悪くても励みなさい。とがめ、戒め、励ましなさい。忍耐強く、十分に教えるのです。  (2テモテ4:2)

10月4日(金)  わたしは、戦いを立派に戦い抜き、決められた道を走りとおし、信仰を守り抜きました。   (2テモテ4:7)

10月5日(土)   今や、義の栄冠を受けるばかりです。正しい審判者である主が、かの日にそれをわたしに授けてくださるのです。しかし、わたしだけでなく、主が来られるのをひたすら待ち望む人には、だれにでも授けてくださいます。     (2テモテ4:8)

9月29日(日)の礼拝案内

Posted 9月 23rd, 2019 by JCスタッフ

次聖日は合同礼拝で、集合場所は教育館講堂ゆりです。
聖書のお話は、「ピリピ人への手紙」(ピリピ2:19~30)で時間は9時からです。

9月22日(日)~9月28日(水)の聖句

Posted 9月 23rd, 2019 by JCスタッフ

9月22日(日)   主において常に喜びなさい。重ねて言います。喜びなさい。     (ピリピ4:4)

9月23日(月)  さて、わたしはあなたがたの様子を知って力づけられたいので、間もなくテモテをそちらに遣わすことを、主イエスによって希望しています。テモテのようにわたしと同じ思いを抱いて、親身になってあなたがたのことを心にかけている者はほかにいないのです。    (ピリピ2:19~20)

9月24日(火)   だから、主に結ばれている者として大いに歓迎してください。そして、彼のような人々を敬いなさい。わたしに奉仕することであなたがたのできない分を果たそうと、彼はキリストの業に命をかけ、死ぬほどの目に遭ったのです。   (ピリピ2:29~30)

9月25日(水)  わたしはあらゆるものを受けており、豊かになっています。そちらからの贈り物をエパフロディトから受け取って満ち足りています。それは香ばしい香りであり、神が喜んで受けてくださるいけにえです。  (ピリピ4:18)

9月26日(木)  各自、不承不承ではなく、強制されてでもなく、こうしようと心に決めたとおりにしなさい。喜んで与える人を神は愛してくださるからです。  (2コリント9:7)

9月27日(金)  人にへつらおうとして、うわべだけで仕えるのではなく、キリストの奴隷として、心から神の御心を行い、人にではなく主に仕えるように、喜んで仕えなさい。   (エペソ6:6~7)

9月28日(土)   というのは、主イエスに対するあなたの信仰と、聖なる者たち一同に対するあなたの愛とについて聞いているからです。わたしたちの間でキリストのためになされているすべての善いことを、あなたが知り、あなたの信仰の交わりが活発になるようにと祈っています。     (1テサロニケ5:16~18)