2013年度卒園記念品

http://booklog.jp/list?category_id=2510933

今年度も元気に年長さんが卒園していきました。

それぞれの小学校でますます元気に成長されるようにお祈りしています。

卒園児のみなさんから記念品として絵本をいただきました。

早速、みんなで楽しみます。

どうもありがとうございます。

おきゃくさま


IMG_0801

えさだいのおきゃくさまナンバーワンはヒヨドリです。
みかん類が大好きです。

こちらも芽が出た!


20140206-182650.jpg

20140206-182705.jpg

上は水栽培のクロッカスです。
ヒゲのような根が伸びてから、今度は上に芽が伸びてきました。
何色が咲くでしょうか?楽しみです。

下は裏庭の畑の横で見つけたふきのとうです。数日前にはなかったのですが、立春を過ぎてみるとちゃんと顔を出しています。おとなはニコニコ、子どもたちはにおいをかいでみて難しい顔になってしまいました。

はっけよい!


20140206-182028.jpg

はっけよい、のこったのこった。
おすもうです。

年少組、年中組はまだ手が先に出てしまってまるでつかみ合いのようになってしまいますが、年長組はしっかり腰を落として組み合うのでおとなでもかんたんに勝たせてもらえません。

行司役も上手になってきました。
お友だちの名前を「〜やま」とか「〜うみ」などとしこなをつけて呼び出してくれます。

芽が出た!


チューリップの芽がでたよ!

チューリップの芽がでたよ!

秋に全員が植えたチューリップの球根が次々と芽を出しています。

毎日のお当番が水やりをしています。

植えた直後には、じーっと鉢を見つめて

「めがでるのまってるの。」

なんて、かわいい発言もありました。

「新しいカレンダーに変わって、ずーっとたったら芽が出てくるよ。」

と、説明しますが、子どもたちにとっては2ヶ月先なんて、ずいぶん遠い未来に感じたのでしょう。

さて、今度は

「いつさくの?」

ですね。

かなづちトントン


手作りえさだい

手作りえさだい

 

しんちょうにー!

しんちょうにー!

裏庭に(お隣のマンションの生け垣ですが)サザンカが満開です。

メジロやヒヨドリが集まって、せっせと蜜を吸っています。

もっとよく鳥の観察が出来るようにありあわせの物で鳥のえさだいを作りました。

かなづち、くぎ抜き、のこぎりを用意すると

「なにするのー?」と、子どもたちが興味津々で集まってきました。

無事にえさだいが完成して、鳥がみかんやりんごを食べている様子を見る事が出来ます。

完成後も子どもたちの「大工さん熱」は冷めない様子。クギ打を楽しんでいます。

まだまだクギを打つだけで満足していますが、今後は何か作品が完成するかもしれません?!

写真は角材の端にクギを打っているところ。どの子も1本打ち込むごとになぜか

「なおったー」

と、言うのが面白いです。

 

冬の恒例


ぼくのなわとびだよ!

ぼくのなわとびだよ!

白百合幼児学園、3学期の恒例は「朝のなわとびタイム」!

登園後、すぐになわとびを持って園庭に集まります。

毎朝15分間、コツコツ練習していると体がぽかぽか、多くの子どもたちがなわとびが飛べるようになります。

昨年度から始まったこのごほうびテープは

赤:前飛び20回

緑:後ろ飛び20回

黄:前片足飛び20回

黄緑:後片足飛び20回

飛べるようになった印です。

年中組は赤テープをめざしてがんばり中。

年長組は「金:100回」をめざして練習中です。

年少ははじめてのなわとびを安全に使う練習中です!

大根の収穫


うんとこしょ!

うんとこしょ!

給食の先生から「今日の給食に使うから、大根を二本取ってきてね」

年長組のその日のお当番にお願いされる事があります。

裏庭の畑に並んだ大根、ブロッコリー、キャベツ。

葉っぱの下にのぞいている大根の様子をよーく見て、どれを抜くか考えます。

「これ!」と決めたら「うんとこしょ!」

20cmほどの大根を収穫しました。

自分が抜いた大根の入っている給食を見てニコニコのお当番さんなのでした。

うすごおり


つめたいね!

つめたいね!

一年間で一番寒いこのごろです。

裏庭に置いてあった鉢皿に氷が張っていました。

ぼこぼこした表面、向こうの友だちがガラスのように透けて、きらきらと見える様子に子どもたちの目もきらきらと輝きました。

キャンドルライトサービス


IMG_0726

 

2学期の終園式を兼ねたクリスマス礼拝、キャンドルライトサービスです。

アドヴェントクランツの前に、子どもたち一人一人のキャンドルが並びました。

ろうそく立ては紙粘土にドングリを飾り、絵の具で彩色しました。

揺れるろうそくの炎に釘付けの子どもたちです。

ろうそくの前には各自が約1ヶ月間家庭で集めた献金も捧げました。

「3人の東方の博士と一緒に幼児学園の子どもたちがそれぞれの捧げ物を携えてきたようです。」(園長のお話より)

献金は今年度も日本国際飢餓対策機構にお送りします。